前回アップした行き止まりの林道を、反対側(喜多方市山都町
宮古地区)の方から、行けるとこまで行ってみた。              
IMG_1000 

宮古集落を奥川の方に抜けてすぐに、右へ行く林道がある。
緑資資源公団の標識があるのですぐわかる
IMG_0999
















5.5kmの2車線の完全舗装の道路である。30年前から工事をしていたが、
最近完成したような形跡もある区間もあった。
急斜面を斜めに横切るために、切り取リ区間は、頑丈な擁壁、盛り土区間は、
写真にもあるように、プレキャストコンクリートの土留が最新工法で施工されて
いた。この道路が利用されることなく、獣道になるのは何とももったいない。
IMG_1016

地区の住民も利用していないと見えて、荒れ放題になっていた。土砂崩れ 、
倒木、片車線崩落、出水等々で、かろうじて通り抜けて
通行止め地点についた。
IMG_1015
















身の危険を感ずるほど、危なくもないが、転落すれば数百メーは落下する
ような箇所もあった。途中、急カーブを曲がり終えたところで、カモシカと遭遇、
びっくりして薮に逃げ込んでいった。まさに奥山の林道という実感が湧いた。
林道計画が頓挫してから、地方自治体が管理してほそぼそと工事を続けて
いるらしい。
IMG_1014

自治体が必要と感じたら、国の補助事業として、「やまのみち地域づくり交付金」
いただいて工事を進めることができるという。
IMG_1013















最近舗装したようだ。
IMG_1010
















途中、行き止まりの向こうにある早稲谷地区の集落が、下の彼方に見える。
眺望が開ける地点は、こことあと数箇所ある。
IMG_1005

下の写真は左右ひと組でパノラマ写真のようにしたいが、レイアウトの腕が悪いので、
左の目で上の写真、右の目を下の写真を見て、脳で合成してください。立派な道路ですね。
しかし、誰も通り抜けることができない。
IMG_1008IMG_1006












行き止まりです。
IMG_1003

幻の林道で、宮古から西会津へ行く計画もあったらしいが、地図にも載って
いないし地区の人も知らないと言っていた。
現存するのは、柳津から会津高田を通って、昭和村へ行く林道がある。
近いうちに行ってみようと思う。