「和」を以て先送りとなす!

 メカトロで世界に貢献。 長崎県諫早出身の創業社長が、チョットおかしな世を嘆き、自らの持論を展開.

来客商談千客万来

放射能のホットスポット5


外国に居を構えて、活躍している知人(日本人)から、放射能のお見舞を頂いた。
弊社に仕事をお世話していただている大切方だ。

次のような返事を送った。 

------------------------------------------
 ルネッサンスの被災で、アナログデバイスの供給が滞り、世界中の全産業で困っているようです。

当社も、その影響で、三菱のシーケンサーおよび、サーボモータ当の納期が大幅に遅れそうです。

それで、切断機の仕様打合せのとき、受注後4ヶ月でSHIPPINGといいましたが、怪しくなりそうです。

いま予約すれば、その分納期が早まりますが、発注時期を早めていただければ、お互いにハッピ-だと思いますが・・・・。

余談ですが、中国の温家宝首相か、お見舞い被災地まで来たけれども、ルネッサンスのICを中国に禁輸して、レアメタルを大量に日本向けにさせることを交換条件にすれば・・・・などと思いました。

国益にかなった外交とはこういうことですよね。

放射能の件です。
原子炉は、いつご機嫌が悪くなるかわかりませんが今のところ、落ち着いてます。
-----------------------------------
それより、日本の政治がメルトダウン寸前です。
国民にとっては大連立しかない選択肢なのであるが、震災対応で管総理の存在感が増してきて、当初意地悪く連立を拒否をした自民党は、このまま行けば総理の手柄になるのを嫉妬して、管総理の責任を攻め立て、同じ嫉妬で政策が対極にありながら、政局演出に手を貸して不信任案の脅し、それに屈して総理辞任とま・・・・

結局大連立が通れば、民主党長老と思しきゾンビ連中は、メルトダウンで、歴史のかなたの忘れられ、一方、自民党守旧派は、これから始まる原発暴発の犯人探しが、多少和らぐのと、恐ろしい民主党の長期政権の可能性が多少薄まってよかったと夜眠れるようになること、そして自民党若手はようやく震災支援で表舞台で活躍ができ、地元選挙民に申し開きができると、はしゃぎまわって早期退陣の大合唱をしている現状。

となると、谷垣総裁の、連立拒否は何だったのかということになる。
3ヶ月の復興停滞は、谷垣総裁のあの一声から始まったということになると思のだが。

私の知りうる大部分の選挙民は、このような認識である。
----------------------------------
弊社工場内定点での放射能測定値

2011 0400(工場環境放射能) 013
-----------------------
  建屋内では、ほとんど正常値です。
雨水が工場敷地から、最終的に出て行く排水枡の澱みに、放射能を帯びたチリが、屋内の約50倍も沈殿していることがわかります。

このことを敷衍すれば、避難地区の屋敷周りでは、公表データの50倍の放射能が出ている箇所が、あるということです。

会津の場合は、緊急避難地区にくらべて放射能公表値が1/10くらいですから、大して問題にならないけれども、避難地区以外の高放射能地区(福島市や郡山市)などのの住民は、高放射能場所、(ホットスポット、大方、排水路端末にある)を、詳しく調べて、近寄らないようにするか、早急に排除するようにしたほうがよろしいかと思います。

福島県では、小学校の校庭の放射能が、子供に被害のあると問題になって、親たちがヒステリックに校庭の土を入れ替えるように騒いでおりますが、それ以上に住環境周りにホットスポットがあることを、公知しなければ、十分な被爆防止対策とはいえないと思いますが・・・・。



放射能測定器5

念願の放射能測定器を手に入れた。

原発爆発後の動向を心配して、来社が遅れていた中国のお客さんが、5月11日に
来る
というので、協力会社の中国人通訳に中国から買ってくるよう手はずを整えていた。
(さらに5/21には日中韓 首相3名が福島県福島市へ >>)

ハンディタイプの物で、余り高価でないが、この地区での線量をつかむのに、必要を感じていた。
3月の末にアップロードしたブログに“放射能雲と風向き”タイトルのブログに反響があったので
もう少し、正確な情報をアップロードする責任を感じたからだ。

まだキャリブレーションをしていないので、故障しているかどうか、正確なところはわからないが、
スペックには      
測定範囲:0.01~200.00μSv/h
蓄積量 :0.00μSv/h~999.99mSv/h
誤差Cs137に対して30%以下
となっているので、手ごろであると思っている。

早速、会社周辺の怪しいところを計ってみた。

それぞれ写真があるが、私のIT技術では圧縮ができないので事務机上の値を1枚だけアップロード
するので、この器械が際物であるかどうか、情報を持っている方は、お知らせ願いたい。

新潟に近い内陸部、喜多方市にある本社 技術部は、
太平洋側の原発から100Km以上遠く離れております。
放射線量も常に例年値と同じですから、ご安心ください。


より大きな地図で 本社住所 喜多方市岩月町 を表示

marulogo1
喜多方市本社 放射線量計測値

2011 0400(工場環境放射能) 002
事務机                :  0.14μSv/h         
受付テーブル上    : 0.14μSv/h 
応接テーブル上   : 0.23μSv/h 
事務室入り口     : 0.23μSv/h
入り口通路       : 0.32μSv/h
花壇          : 0.14μSv/h 
水溜りの乾いた窪地 : 0.23μSv/h
雨樋の零れた地面  : 2.37μSv/h
雨水桝         : 4.69μSv/h

以上であるが、測定値が一番大きいのが雨水桝(会社敷地から雨水が公共の雨水溝に流失する
最後の桝)である。
この値は、3月11日から5月15日までに会社屋根、敷地の約1500m2の面積に降った総雨量の
中に含まれる放射能を含んだ粒子が、沈殿して残留した一部の(粒子の)放射線量と特定できる。
従って、周辺で一番高い値のでるところは、雨水が集まって敷地から出る最後の場所と特定できる。

まだ、1回だけの測定なので、信憑性が薄いが、こういう場所には行かないことが、一般人が被爆を
小さくする知恵であるということになると思う。

いずれ小さな値なので神経質にならないことであるが、今後毎日計ってみることしよう。

ところで、各所の値が、0.14と0.23と3箇所同じ値であるのはどういうことか?
多分この機器の感度が、この小さな値まで、追いきれないので、表示を絞っているのか知れない。

はたまた際物か、皆さんは、どのように思いますか?

前にアップした”この地区会津は、地球を一周して放射能を降り落として希釈された空気だけが来る”
という思い込みは、半分正しいけれども、確実に、この地にも原発爆発の影響がでているということである。


・ミリシーベルト(mSv)を1000倍するとマイクロシーベルト(μSv)に換算できます。
・マイクロレントゲン/時(μR/h,мкр/час)をマイクロシーベルト/時(μSv/h)に換算するなら
100で割る。
・ミリレントゲン/時(mR/h)をマイクロシーベルト/時(μSv/h)に換算するなら10倍する。
つまり、100000μR/h=1000μSv/h=100mR/h=0.1R/h
1000μR/h=10μSv/h=1mR/h=0.001R/h
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ