諦めの早い弟は、農場経営に全力を投入した。

簡易なビニールハウスを自力で何棟も建て、庭木を増やし、それをサンパウロ
の庭園業者に売った。
ある種の庭木は、自分がサンパウロに、流行らせたといって自慢していた。

従業員も数十人に増え、社会保険も積みたてていた。
シンジケートといって、現地の社会保険組合のようなものに、従業員の給料を
天引きして、積み立てていた。

給料日、弟が遠方に行っていたので、連れ合いが給料を引き出しに、銀行にいった。

銀行では、大金を、女性が引き出すので、出し渋っていた様子であったそうだが、
金を受け取って、銀行を 出てしばらくすると5,6人の男にとり囲まれた。 
身の危険を感じたので、もっていた現金を投げ捨てて、逃げたという。 

給料が払えなくなったので退職者が出たが、そのとき、社会保険が積み立てられ
ていなのが発覚した。
信頼していた経理担当者が失踪したので、積立ての真偽が不明で、弟は訴えら
れて裁判になって負けた。

この間、資金が不足して、我々に資金援助を求めてきた。
最大の理解者の父親は既に他界していた。
兄弟たちは自分たちの生活に忙しく資金援助ができなかった。

弟の長男は、その時、ブラジル一の工業大学で、ドクターコースの3年目だった。

彼は、一時休学し景気の良い日本に出稼ぎにきることを決意したが、両親諭され、
勉学を続けることにした。  その代わり、母親が日本に出稼ぎにきた。

母親は、日系何世かのブラジル人で、年齢は60歳を超ていたが初めて来日で、
1年間長野県の温泉宿で、仲居として働いた。

ブラジルに帰るとき、会津に来て、義父の墓前にお参りをしていった。
それから、5年経過した今年、弟から長男が勤めの関係で日本に行くから、
よろしくという電話が入った。  そして、会津にきた。

ドクターコースを終え、ポストドクターも経験したが、今ではブラシルの国営公社
で、研究者として勤めている。
その息子の話し振りから、自分をここまで育ててくれた両親を慈しむように尊敬
している様子が窺えた。

弟家族(1)へ戻る